善は急げ!アミノ酸のサプリメントで体調を整える

婦人

40代からの女性の悩み

生薬

女性ホルモンの減少が原因

40代から50代の女性の気になる事の1つが「更年期」です。更年期とは女性ホルモンが減少する時期のことを良い、それが原因で起こる精神的な不調、肉体的な不調を更年期障害と言います。主な肉体的な症状は、ほてり・のぼせ・多汗・倦怠感・頭痛などで、精神的な症状は睡眠障害・うつ・やる気の低下・怒りやすくなるといった症状があります。更年期障害はホルモンバランスの乱れから心身の不調が起こるので、特に理由がなくても鬱ぎみになったり、いきなりイライラしたりと他人から理解されずらいものです。しかし更年期障害は病気なので早期の治療が大切です。まだ更年期障害ではなくても、体の不調を感じたらすぐに診てくれるかかりつけの医者がいると更年期障害になった時に安心ですね。そのためには家族の協力と自分と相性の良い医者を見つけることが大切です。

治すために必要なこと

更年期障害の治療法がホルモン注射が一般的ですが、自宅でできる治療法もあります。その一つが食事療法です。ホルモンバランスが乱れると太りやすくなり、太ってしまうと糖尿病や高血圧といった病気にかかりやすくなります。そのため栄養バランスを考えた食事を摂ることが大切なのです。もう1つは大豆製品を摂取することです。大豆製品は女性ホルモンと似た働きがあるので、女性ホルモンが減少する更年期にはぜひ摂取してほしい食材の1つです。他にも適度な運動を行うのも良いでしょう。そしてオススメなのが漢方です。漢方薬は体に合わないものや過剰摂取をしたりしない限りは副作用が少ないのが特徴です。ホルモン注射に抵抗がある方や出来るだけ副作用をなくしたい方には漢方薬はとてもオススメできます。他にもホルモン注射と漢方薬を両方取り入れる治療法もあります。漢方薬を使用する場合はドラッグストアではなく病院で医師の診察を受けて、漢方薬を処方してもらいましょう。