善は急げ!アミノ酸のサプリメントで体調を整える

婦人

糖尿病を予防できる

血

平均値が分かります

健康診断の項目で最近よく見かけるのがヘモグロビンa1cです。このヘモグロビンa1cは血液内でヘモグロビンと結びついている血糖を平均化した数値で、1ヶ月から2ヶ月内の平均血糖値を調べることができます。長期間にわたる安定した血糖値の推測ができるため、現在では空腹時血糖値や随時血糖値の測定と合わせて検査することが多くなっています。健康診断でこのヘモグロビンa1cの数値が高い場合は再検査が必要となります。この数値が高いからといってすぐに糖尿病と診断されるわけではありませんが、そのまま何の対策もせず放置していると高確率で糖尿病となってしまうので、数値が高いと指摘された方は自覚症状が無くても必ず医療機関で再検査を受けるようにしましょう。

サプリがおすすめ

一時的な高血糖状態であれば食生活の改善や運動などによって血糖値を改善し糖尿病を未然に予防することができます。そのためにも血糖値が一度でも高いと指摘された方は内科などで検査を受けて自分のヘモグロビンa1cの数値を定期的にチェックするようにしましょう。血糖値を安定に効果的なのがサプリです。サプリなら現代社会では安定して摂取することが難しい栄養素も手軽に摂取することができるので血糖値のコントロールにも最適です。血糖値に効果的に作用するサプリにはDHA・EPA・クロムなどがあります。DHAやEPAは青魚などに含まれる不飽和脂肪酸の一種で血糖を細胞内へと取り込む作用を活性化させることでインスリンを補助する役割を果たします。クロムにはインスリン抵抗性を弱める効果があるため、インスリンが効きやすくなることで血糖値を下げやすくする効果が期待できます。血糖値の値が高いと指摘された方はこのようなサプリを活用してヘモグロビンa1cの数値を下げるようにしましょう。